フェルトウール製の手作りバスケット

フェルトウールは、特別な未処理のバージンウールで、最初に太い針で絡まり、次に洗濯機でフェルト処理されます。その上にフェルトウールがなければなりません、そうでなければそれは動作しません。フェルトの場合、編み物は約30%です。フェルトウールを使用したフェルトの最初のピースとして、正確な寸法に依存しないものを選択しました。フェルト化後に手作りのバスケットになったバッグです。

ステップ1:編み物

  • サイズが8〜10の円形の針で42針を縫います。
  • インクルード 地面 バスケットの右側に8本のリブ(= 16列、前後に右編み)を青にします。
  • 地面が 右側に丸編み、端のステッチとステッチから、下部にステッチを追加します。 (= 100メッシュ)
  • ベースカラーで右に4ラウンド、次に別のレインボーカラーで4ラウンド。
  • 色の変更中に、最後または最初の20センチメートルの両方の色の羊毛糸を紡績方向と逆にして、糸を半分に切り、紡績方向に再び一緒に回転させます。それから私は20 cmの2色の糸を持っていて、最後に何も縫う必要はありませんでした。
  • 虹が希望の高さにほぼ達するまでベースカラーで編み続けます。
  • おそらくデカンテーション前に5 cm 8穴 後でバンドやハンドルを取り付けられるようにするために編みます。 2針を8回連続で編み、1ターンします。次の行で、封筒を右側に編んでください。
  • 希望の高さまで続けてゆるめます 振り捨てます、 (写真2)

フェルトウール製の手作りバスケットの編み方

ステップ2:フェルト

洗濯機で40度で2つのテニスボールと通常の色の粉末洗剤と一緒にバッグを洗ってください。通常のプログラム、短いプログラムではなく、軟化剤を使用しないでください。私はテニスボールを1つしか持たず、2つ目のボールの代わりにマッサージボールを取りました(写真3)。

フェルトのために、洗濯機で40度でテニスボール2個と通常の色の粉末洗剤と一緒にバッグを洗ってください。

ステップ3:形状

洗濯後、まだ濡れた形の袋を引っ張ります。たとえば、プラスチックの箱を挿入し、串で固定します。伸ばした状態で乾燥させます。 (写真4)


洗濯後、まだ濡れた形の袋を引っ張ります。

写真6〜8では、ウールがどのように感じられ、収縮したかを見ることができます。これは、はるかに堅固で安定したものになりました。感じる前に、それはバッグであり、それからあなたが置くことができる頑丈なバスケットでした。繰り返し洗濯することで、フェルト効果を強化できます。濡れた状態で引き伸ばすことにより、収縮の程度を減らします。感じましたが、逃げることはできません。

洗濯後の羊毛:フェルトで縮んでいます。これは、はるかに堅固で安定したものになりました。


ステップ4:給餌

食べ物として、私はドラッグストアから綿袋を取りました。ハンドルは真ん中で切れています。左側を外側にしてバッグをフェルトバッグに挿入し、カットハンドルを外側から穴に通します。それぞれの側で、ハンドルの2つの端が結び合わされています。

フェルトバスケットの端にバッグの端を打ちます。結び目は裏地とバッグの間にあり、見えません(図9)。フェルトバスケットにはハンドルがありませんが、必ずしも必要ではありません。ある時点でハンドル付きのバッグとして使用したい場合は、まだいくつかを取り付けることができます。 (写真9)

食べ物として、私はドラッグストアから綿袋を取りました。

フェルトバスケットの端にバッグの端を打ちます。結び目は裏地とバッグの間にあり、見えません(図9)。フェルトバスケットにはハンドルがありませんが、必ずしも必要ではありません。ある時点でハンドル付きのバッグとして使用したい場合は、まだいくつかを取り付けることができます。

フェルト羊毛の使い方_基本編1 | 八月 2020