ニットスニーカーソックス:かかとから始める

靴下編み中に新しいかかとを試してみたい場合は、ここでそれを取ることができます。伝統的な「スカルキャップヒール」ながら?敏感な足を刺激する可能性のある足の裏の縫い目、このかかとは側の縫い目(足首の内側と外側)のみを持っています。

多くのニット愛好家は、かかとが難しいので、アプローチソックスをあえてしません。別のヒントでは、複雑なかかとなしで靴下を編む方法をすでに説明しました。私が説明しているヒールの形状は、説明したものほど単純ではありませんが、確かに頭蓋骨ほど重くはありません。

指示は私のスリッパの革底でしたが、ネットにもあります。残念ながら、関連する写真には美しいケーブルパターンのみが表示され、興味深いかかとは表示されませんでした。指示によれば、私はスリッパシューズを作りませんでしたが、スニーカーと靴下、つまり袖口のない靴下を作りました。


材質:

ウール:2本の靴下糸、2重に取られています(申し訳ありませんが、詳細はわかりません。オリジナルラベルのないフリルウールで、同僚からのプレゼントです)。完成したスニーカーソックス、サイズ39、重量55 g。

編み針: できれば木製の針ゲーム(他のヒントを参照)、No。5
かぎ針編みのフック:3〜5の間

かかとで靴下を始める(バックソール) 8針のステッチで。 (写真1、始まりは赤い矢印でマークされています)

4本の針に8針を広げます(これは本当に面倒です、ここでは木製のピンが証明されています)。

  1. 最初のラウンドでは、右側に1ラウンド編みます(ラウンドは左側の縫い目から始まります)。
  2. 2番目のラウンドでは、2針の間にある糸から1針ずつ編んで、4針ずつ、1針ずつ縫います。 (= 12針)。
  3. 3回目のラウンドでは、1番目と3番目の針の最初のステッチの後、2番目と4番目の針の最後のステッチの前に、2つのサイドの縫い目で2針を取ります。 (16針)これらのマークは、次の増加のために、異なる色のウール糸で最もよくマークされます)。
  4. 増加は、2ラウンドごとに7回繰り返されます(= 44針)。
  5. これらの44針でさらに5ラウンドを編み、11針で4本の針に広げます。

    これがヒールです。編み物は、かかとを入れられる小さな帽子のように見えます。 (写真3、茶色の糸でマークされた増加)。
    ストッキングにするには、それをしなければなりません 入り口の穴 ニット。さらに...
  6. 6ラウンド目で44針、最初の2針(= 22針)を通常通りに編み、3針目で2針を編み、次に9針を落とし、4針で9針を縛り、次に2針ニット。 (写真4:針3と4の残りのステッチは1本の針にあります)[追記:カフスで靴下を編みたくない場合は、縛る必要はありませんが、これらの18針を別の色の糸で編みます。編み物の代わりに、補助糸で別の列を編みます。靴下が一番上に編まれたら、この糸を切って、両側に集められたステッチでカフを編んでください。]
  7. 次のラウンドでは、最初の2本の針を通常どおりに編み、3番目と4番目の針で、18針のステッチではなく20針でキャストします。代わりに空気の20メッシュループを編みました。 (写真5および6)
  8. 次のラウンドでは、かぎ針編みのフックを各エアメッシュに挿入し、糸を取り出したので、かぎ針編みのフックで編むために20のステッチがありました。 (=合計46針)(ここの写真7、8では、二重糸で編んだことがよくわかります)。
  9. これらの20の新しいステッチ+ 3番目と4番目の針に4つの残りのステッチを作成します 足の裏 指示に従って、ケーブルパターンで編むか、スムーズに右に、または何でも好きなように編むことができます。 11針の1番目と2番目の針がそれぞれストッキングの底を形成します。数周すると、靴下の形がよりはっきりと見えるようになります(写真9)
  10. これらの46のステッチを使用して、トップに編み上げます。トップから始めるタイミングを知るために、靴下を何度も何度も試し、トップから始めます。 32ラップ後のケースです。
  11. トップのために サイドシーム(1番目と3番目の針の始まり、2番目と4番目の針の終わり) ラウンドごとに1針ずつ (2針編み)残り16針になるまで。だから、各ラウンドで7回6ステッチで4針が減少します..
  12. 2番目と3番目の針だけでなく、1番目と4番目の針が互いの上にくるように、編み物を互いの上に平らに置きます。これらの16針を1本の針で、1本目と4本目の針を交互に、次に2本目と3本目の針を交互に縫います。このように配置されたステッチを締めます。これにより、「まっすぐな靴下の先端」が得られます。 (写真10)
  13. 抜け穴をしっかりとかぎ針編みでしっかりと編み、糸で縫います。
  14. 同じ方法で2番目の靴下を編む。

完成した靴下は、足の裏に縫い目がなく、非常に快適です。必要に応じてベッドソックスとして着用します。

わたしの靴下①つま先の編み方 | 六月 2022