マジックループで編む

Word and ImageでMagic Loopを使用した編み方:Magic Loopは、非常に長い円形の針(80cm以上)で針を再生する代わりに、円周が特に小さい部分などを編み込むこともできます。靴下、ガントレット、手袋、タートルネックなど

マジックループを使用する場合、サイドシームを閉じる(煩わしい)ことはもうありません!いわゆるマジックスリング/ミラクルスリングを使用するときのトリックは、各ラウンドで編み針数の約半分、円形針の端、ステッチがちょうど編まれたばかりで、その長さが編みの方向に完全に引っ張られ、その結果、長い針の端が得られることですこれでステッチの後半を編むことができます。したがって、針のもう一方の端は非常に短く、左手の針の編みごとにわかるほど短くなっています。

このすべてを詳細に説明し、円形針のステッチのステッチングは、写真なしでは実行不可能です。そのため、Magic Loop Knittingでグーグルを検索しただけの場合、多くのビデオを参照しています。


私がここにいるのに通知する理由は、対応するビデオへの参照のためだけではありませんが、私がアップロードした写真でこの編み技術のさらなる説明を説明したいと思います。いつ、どのポイントで針のどのポイントを通って引っ張り、奇跡のループが形成され、どの方向に編むか。回す、引っ張る、編むのはわかりにくいようですが、心配しないでください。すばらしいテクニックです!

このテクニックに関するコメント:

  1. 編み物を脇に置いて再び拾い上げると、どこから編み物を続けるかが明確になります:作業糸は、伝統的な編み物のように、常に右側から、または リア 針先が来る=すでに編まれたステッチはすべて、針先の右側または後針にあります。
  2. ロープを通した後、最初の2針は常に非常にしっかりと編みます。
  3. ポイント(ロープが縄まで引き出されるステッチ)は、常に別の位置に移動する必要があります:ステッチ(写真7を参照)とループに再び2つの他のステッチの間でロープを完全にタイトなリングに引っ張りますあなたが編み続けることができるように(写真8と9)を引き出します。 ..だから、ニットショーが常に同じ場所で広がっていることは起こりえません。

あなた方の一人が何年もこの技術を使っていると想像できます。しかし、それは私にとって新しいものであり、それが私が指摘したかった理由です。なぜなら、私は何か新しいことに挑戦することは素晴らしいと思うからです。このテクニックがあなたにとって面倒な場合、彼は針を刺すことを好みますが、多くの道がローマに通じています!

言葉と写真でマジックループを使って編む:

(作業ステップは常に繰り返されるため、どの絵を説明し始めても関係ありません...


写真1: 前針のステッチは編まれています-両方の針の先端は同じ長さで、隣同士にあり、左を指しています。

写真2 私たちは常に右から左に編むため、作品を完全に回転させる必要があります-針を一緒に押し、布を垂直に回転させます。

この小さなトリックは、最初のラウンドで特に重要です.2つの針の半分のステッチが互いに完全にねじれることはなく、ニット生地には常にねじれがありますが、平らになっています(ニット生地の右側はすべての点で機能する必要があります外に表示)。


作業糸=編み糸は、後針のポイントから来るようになり、前針のポイントのステッチは、次のステップで編まなければなりません。ただし、背面の針先が短すぎます。だから彼女は...

写真3 ...そこにあるステッチから可能な限り引き出します。作業針は最適な長さになりました(わかりやすくするために、作業針の先端を布に付けました)。

写真4 これで、通常のように前の針の先で前の針のステッチを編むことができます。

写真5: 前針にはすでに7針が縫い付けられています。

写真6: 前の針先のすべてのステッチが編まれます。

写真7: 今のステッチ リア 針先が編まれています。この目的のために、2本の針の先端が再び隣り合うまで、後部ロープがそこのステッチを通してすぐに引っ張られます...など!

それを試して楽しんでください-多分あなたは時々多忙なアドベントシーズンに機会を持っています:-)

マジックループの編み方【輪針】靴下、手袋、ニット帽など輪編み作品に便利な方法???? | 九月 2020