電子書籍リーダーで本を借りる

数年の間、私は電子書籍リーダーを使用しています。ただし、電子書籍を購入したのは一度だけです。これは、私の意見では、これはあまりにも高価だからです。 一方、すべての市立図書館も電子ローンを提供しています。私たちは15を払っていますか?年会費(口座振替で自動的に引き落とすこともできます。そうすれば、休暇中に世界中のどこに座っても補充されません)。

選択は絶えず拡大されており、いつでも、WLANを使用して、さまざまなカテゴリの読書資料のどこにでもアクセスできます。ベストセラーは、入手できない場合は予約できます。書籍を再度借りる場合は、メールが届きます。これは「メディア」に直接保存され、すぐにダウンロードできます。

私は主にスマートフォンで検索し(読者は少し不快な場合があります)、「マイメディア」にある本を貸してから、Tolinoでログインしてダウンロードします。その後、最大21日間本を入手します。その後は、本はもう開いていません。時間が足りないことに気付いた場合は、リマインダーを直接設定する必要があります。マークを付けていないので、読み続けるために数日待たなければならないことが以前にありました。

過去に私はグラブベルチシュに関する本をよく買ったので、それは本当に感動しました。また、古本の販売は簡単ではありません(熱心なフリーマーケットフィーダーを除く)。しかし、ノンフィクションの本の場合、私はまだ紙のフォームを好みます。

私のリーダーは休日に行き、ジムの有酸素運動マシンと待機時間(医師、美容師)を伴う時間のかかる予定に同行します。

勝間和代の、家を散らかさないための、電子書籍活用法 | 九月 2020